The 30th Annual Meeting of Japanese Association of Cardiovascular Pharmacology

第30回日本循環薬理学会

ご挨拶▷ ページを更新する

第30回日本循環薬理学会学術集会

当番幹事(代表)久場 敬司

(秋田大学大学院医学系研究科 分子機能学・代謝機能学講座 教授)

この度、第30回日本循環薬理学会学術集会を、2020年11月27日(金)に秋田県秋田市の秋田県総合保健センターで開催させていただくこととなりました。秋田大学の久場敬司でございます。日本循環薬理学会は1991年に日本循環薬理研究会として発足し、1998年に学会へと発展しております。このような伝統ある学会のお世話をさせていただくことを大変光栄に思っております。

第30回日本循環薬理学会学術集会は「挑戦し続ける循環薬理学研究」というテーマで開催いたします。少子高齢化などの困難な時代を迎える中、挑戦し続ける循環薬理学研究が国民の医療・福祉に貢献し発展し続けるというメッセージを超高齢社会の秋田の地から発信したいと考えています。まず、特別講演として秋田大学循環器内科学講座の渡邊博之教授に、基礎の循環薬理学研究から臨床応用へと発展した研究として「心血管病態のイオンメカニズムから超音波新技術の応用まで」という内容でご講演いただきます。次にシンポジウムとして、国立循環器病研究センター研究所血管生理学部の中岡良和先生に「肺高血圧症における循環薬理学研究の最前線」に関する話題をオーガナイズしていただきます。さらにランチョンセミナーでは、東京大学循環器内科の赤澤宏先生に「Onco-cardiologyの最前線」に関する話題を提供していただく予定にしております。一般演題を50題、若手研究者の育成を図るYoung Investigator Award(YIA)を募る演題を予定しております。今回のYIAでは、これまでの40歳未満という年齢のくくりだけでなく、新たに大学院生、学部学生だけのより若い方を対象にした枠も設けたいと思います。若い先生や学生の皆様に研究内容を存分にご発表いただき、活発なご討論をお願いしたいと思っております。

秋田は、なまはげ、秋田犬、竿灯まつり、藤田嗣治の秋田の壁画など見所が多く、米どころ、酒どころで豊かな地域です。懇親会では、美味しい秋田の食事や日本酒を揃えて皆さまをお迎えしたいと思います。学会開催に向けてスタッフ一丸となって準備を進めております。スタッフ一同、皆様に秋田でお会いできることを楽しみにしております。何卒宜しくお願い申し上げます。

開催会場

秋田県総合保健センター
〒010-0874
秋田県秋田市千秋久保田町6−6

事務局

第30回日本循環薬理学会
事務局
秋田大学大学院医学系研究科
分子機能学・代謝機能学講座
〒010-8543
秋田市本道1-1-1
TEL:018-884-6075
FAX:018-884-6443
E-mail:
jacp30@med.akita-u.ac.jp
arrow_upward

トップ